あなたの音楽を

 親愛なる 皆様



いかが お過ごしでしょうか。

アーティストブログを 始めました。

好きなことや、日々、感じたことなどを 自由につづっております。

 



 ♫ ♩ ♬ ♪ ♫



なかなか、大変なご時世です。


お元気でいてくだされば、嬉しい、

そして、なお、幸せでいてくだされば、さらに嬉しい。



音楽を聴くことが、身近な人もたくさんおられると思います。



わたしに言われるまでもなく、ぜひそれを、続けていただきたい。



今の状況ですと、生演奏、というのは なかなか難しいかもしれません。



配信や、アプリ、CD、ラジオ、カセット?、など


現在の音楽状況は、多種多様、なんでも良いかと思います。



音楽を聴いて、ゆっくり、そして深く、味わっていただきたい。




なぜなら、それは、あなたの心を豊かにするから。


支えになりますから。




音楽は、目に見えません。


ですから、心で感じ取ります。



例えば、クラシック音楽は、洗練されています。

音や、技巧、情熱の入れ方など、数百年間の

長い間に磨かれた、揺るぎの無いものが、あります。

これは、確かだと思います。(個人の見解です。)



それは、伝統があるから、ということだけではなく、

その長い間に、いろんな人の知恵や、愛や、情熱が

そこに結集されたからだと、わたしは思います。


そして、その年数は、熟成であったり、蓄積として

膨大なものに変わってゆきます。



 そこの水が美味しいですよ、

 そこの道へ行ったら崖だからあぶないよ、



そういう人生の知恵が、たくさん入っているようなものです。




特に、お若い方は、なんでも聴いてみて、

そこに新しい発見があれば、素晴らしいことだと思います。



心に闇があると感じた時、悲しみがあるとき、

笑うことも なかなかできないこともありましょう。


音楽は、時に、そんな感情により添い、一緒に吐き出してもくれます。

何かを溶かし、癒してくれる場合もあります。



音楽を聴いて、お腹はいっぱいになりません。

木の葉がお金に変わるようなこともありません。



それでも、心をあたため、疲れを取り払い、

明日のアクションにつながることが 起きるかもしれません。

ゆっくり休むことの お供になるかもしれない、

あなたの痛みを 気づかせてくれるかもしれない。



それが音楽の豊かさであるとわたしは思います。



ジャンルも、年代も、言葉のあるなしも、楽器も、なにも関係なく、

なんでも構いません。



こんな時こそ、音楽が何かの力になってくださればと思います。








「 あなたの音楽と、共に在ってください 」 : 中島 桃子








*ブログの最後に、格言(または、それらしきもの)や、

 オススメの音楽など、記したいと思います。

 最後までお読みくださった方へ

 感謝を込めて








このブログの人気の投稿

ぎたりすとは爪が命・①爪が欠ける

あなたの涙と