投稿

鳥たちのその後。元服・鳥会議・再会

親愛なる 皆様 お越し頂き、ありがとうございます。 宣言開始から終わりまで、実に8週間、 スペイン巡礼路・フランス人の道は、踏破できる日数です。 巡礼の時もそうでしたが、もう8週間前の自分とは違います。 そんな中、好きなことや、日々、感じたことを自由につづっております。      🐥    🐥 お気に入りの美声鳥、ピュルちゃんが去って、  ( 出会いの記事は  こちら  )  ( 別れの記事は  こちら  )  しばし、カラ梅雨のような日々が続き、 曇り晴れみたいな、ある日。 ピュルピュルピュルーりピューい ぴーちくぱーちく わお! ピュルピュルーり、いっちょめ、ぴーちく!ワオっ! のように、(笑) 鳥たちが、めちゃくちゃ元気です。 ( ん? なにかまざってる? ) 熱心な会議のよう。 そういえば。 明日は、雨予報。 買い出しに忙しいのかしら。避難対策かしら? そんな忙しそうな鳥の声を聞いていると、 にぎやか。  という言葉以上に、 皆がハイテンションで、今日は絶好調! 今まで、ピピぴ  ぐらいだった子も、 ピピピピピピピピピピぴ ぐらい鳴いています。 そんな中、 っぴゆピュルピュルルルルー おや? ピュルですと? もしかして、もしかして、 ピュル族かな!!  リターン?? でも、ピュルちゃんにしては、発声がしっかりしている。😐 兄貴か? いたのか? いや、待てよ。 もしかしてもしかして、、  成長したのかい?  えー。 感・動・・・ それは、アリエルかもしれません。 あの5回鳴きで去ってから、数週間も経っていないと思いますが、 鳥の成長は早いもの? あの時の、ピュルちゃんが、近くまで来ていたのも もしかして幼子の好奇心だったのかもしれない。 そう考えると、今日の周りの鳥会議も みんな大人びて聞こえます。 話も長いし、発声も立派。  🐤 えー、本日の議題はこれであります。  長年、問題となっております、  人間界のプラスティックと温暖化問題、  わたくし達は、何を働きかけ、どうやって彼らと共に・・ ・・・感 動・・・ こうやって、ひとしきり一人

喜ど哀楽

親愛なる 皆様 お越し頂き、ありがとうございます。 お元気ですか。 宣言が解除されると、私は日常に戻ります。 でも。 そうしたら、今の日常はどうなるのでしょう。❓ 何が日常なのか、よくわからなくなる今日この頃、 好きなことや、日々、感じたことを自由につづっております。 😊    🙅      😡     🙆   皆さん、「怒り」って、どうされてますか。  どうって? 怒りっぽい? 我慢強い? 私は、どちらもです。(笑) どちらの性分も持っていると思います。 普段から、滅多に怒ることも、 そんなシーンに出くわすことも、あまりないのですが、 以前、電車通勤なんてしてた頃は、 順番抜かし、とか、 めちゃくちゃ腹が立つときとかありましたけれど。 それは、自分が疲れてるとか、 イス取りゲームとか関係なく、 やり方ですね、その抜かし方。 それによって、怒り心頭みたいなこともあった気がします。   🚃 怒りの、強い、弱い、激しい、深い、 原因も、ささいなことや、立ち直れないぐらいのもの、 いろいろあると思うのですが、 怒りって、あまり良いイメージないですよね。(私は) 怒ってる人も見たくないし、できれば、そばにもいたくない。  でも、無かったことにもできませんよね。 特に自分の中の場合。 そんな時は、やっぱりその怒りは自覚して、 何か、 昇華や、発散はした方が良いと思います。 そして、それは、人知れず、が、 格好がつくかも。 格好が良いかも。 ひとりの時などに、 カバン放り投げたり、(笑) 座布団叩きつけたり、お茶碗カベに投げつけたり、 ( 激しいね。笑 ) その、物に当たるのが良いのかわかりませんけれど、 😓 ( そのものを作ってくださるかたもおられるわけだし、🙇 ) ここでは、人にあたらずに何かで発散させる、 という一例です。 怒りをなかったことには、できない。 そして、ため込むこともキケンです。 ですから、なにか、人にも見られず、迷惑もかけず、 皆さまそれぞれのオリジナルな方法で、人知れず、 怒りを、やっつけてやって欲しいと思います。 そんな良い人の振りもしょっちゅう

涙雨

  親愛なる 皆様 お越し頂き、ありがとうございます。 宣言が解除されるとか。 やったー👐と速報では思ったけれど、 ここは防止法かしら? 何がどうなることやら。。 そんな中、好きなことや、日々、感じたことを自由につづっております。 😊   🌂   💧   ⛈ 昨日は、半日、雨でした。 しとしと、ザーザー、ぽつぽつ 今日は、たくさんの涙と共にありたいと思います。 哀しい涙 嬉しい涙 怒りの涙 笑い涙 笑い泣き もらい泣き 雀の涙 思い出涙 涙恋 涙酒 涙雨 涙色 涙がちょちょ切れる 気負いせず (自分にも) 音楽の力で、優しく  :  中島 桃子

トレモロ・フェイシャル美容

  親愛なる 皆様 お越し頂き、ありがとうございます。 ほぼエッセイと化してきました、アーティストブログ、祝・3週目突入。 🎉 好きなことや、日々、感じたことを自由につづっております。 😊     😓  👈  ✨ 前回の、ブログ投稿お休み、の時に記載しました動画ですが、 ザ・ギターの名曲 「アルハンブラの想い出」  ( こちらの 記事 。 この動画は2020年5月に制作 ) 本日、この動画で注目していただきたいのが、 トレモロ。 トレモロとは、ギターの、奏法のひとつです。 ひとつといっても、これが、かなり重要な位置付けで、 できたら最高。  反対に、できないと、必殺技が無い、みたいな感じでしょうか。 ギターにとっては、とっても大事な奏法です。 具体的には、 (以下、クラシックギターにおいて) 右手 (右利きの者が、弦をハジくほうの手)の指が 連続して、1本の弦をならします。   ( 正確には、親指が分かれるので、2本の弦 ) わかるかた、 順番は、  p.a.m.i  です。 ( pが主に中低音を担当、  amiがメロディー・主に高音弦(👈ここが連続) ) この動きパターンの連続。 すべてが。   ( *まれに、順番が違う方もおられます。 フラメンコも違います。) 親指 (と)、 くすり指、中指、人さし指    の、順番です。 これを、ひたすら繰り返しています。 よかったら、動画にて、チェックしてみてくださいませ。 (  0:14秒ぐらいからスタート。   右手です。 画面向かって左。    手の甲で、見える範囲が少ないですが、 🙇   &  速いです! 4つの指の動き/秒ぐらい ) トレモロについては、 また何回も書いてゆきますし、解説もしたいと思いますが、  ✋ 😁 ここで、ようやく今回のタイトル、 トレモロ・フェイシャル美容。 こないだ、頬を蚊に噛まれましてね。  😓 なんだか、かゆくて、右手で、左の頬下を掻いていたのです。 それで、親指(P)を、口の口角のあたりに置いて、 他の指で、いわゆる、何重あご、という部位を、(苦笑) 掻いていたのですが、 ポリポリ、 これが、何かの動きに似

あわてんぼうのサンタクロース

  親愛なる 皆様 お越し頂き、ありがとうございます。 このブログを始めてから2週間が過ぎ、ほぼエッセイと化してきました。 好きなことや、日々、感じたことなどを自由につづっております。 お時間ある方、どうぞよろしくお願いいたします。 😃  🎼   🎅  🌂   🙏 この時期に、サンタクロースの話とは、だいぶ慌てんぼうですが、 その曲の作曲家である、小林亜星さんが天に旅立たれたと、昨日、ニュースで知りました。 私は、直接は何の関係もなく、ただの、ひとりのオーディエンス(観客)としてですが、 大きく影響を受けた曲が、3曲あります。 1曲目は、誰もが知る、「この木なんの木」 気になる木〜 ♪ わたくしが言うまでもなく、聴きやすい、なじみのある、 そして誰もが、一回でソラでも歌えるような楽しい曲です。 2曲目は、「北の宿から」 最近は、ギター教室でも演歌の曲を弾きたいと言う方が来られます。 わたくしでお手伝いできること、できないことをお話ししてから、 双方合意のもとで、レッスンはスタート。 この曲も以前、ありました。 昔から知ってはいたし、 リアルタイムで歌われているのも覚えてはいたけれど、 レッスンということで、じっくり聴いてみる。 秀 逸 ・・・  の、一言。 聴いていると、いつの間にか、風のように終わってしまう、という感じ。    (いち個人の感想です。) 劇的な曲のはずなのに、 (と思っていた) じわじわ、ゆっくり、 少しずつ、少しずつ、膨らんできて、 いつの間にか、ものすごく大きくなって、 抱えきれないぐらい大きくなって、 大きなものを心に残して、心は激しく揺さぶられて、 そして、静かに、過ぎ去ってゆく。 その手法が、とても優しくて、温かくて、力強くて。 もちろん、歌詩も、歌手の方も、編曲も、ぐうの音も出ないほど、素晴らしい。 泣くつもりはなかったのに、最後には泣いている、 知らぬ間に、大きなものを残して去ってゆく、 そんな感じでした。 三つ目の曲は、 「あわてんぼうのサンタクロース」 これもギターレッスンで、こども達と弾いたりしていましたが、 最初は実は、この曲は、亜星さんとは知りませんでした。 初めて取り上げた時、楽譜を見て、おお! と思ったのを覚えています。 自分がこどもの頃からも、大好きな曲で、 こどもながらに、何か他のクリスマス曲とは一線を画し