投稿

立春♪鳥たちの歌声

  親愛なる皆様 2月に入った頃から、 近所の愛鳥たちが、ピーチクパーチク、元気になってきました。 (野生の鳥を、影から見守っています。。。笑。聞き守っています。詳しくは鳥シリーズへ) あれ? そこにいたの?  🐦🐧🐤 と、存在感が増す。 では反対に、今までは、どこにいたの? と、思い返してみると、、、 いや、 いつもいましたね、 でも、鳴き声が、陽気に、と言いますか、 ノッテル、と、言いますか、 あんた達、絶好調だね、と、ハイテンション、 みたいな、 鳴き声に変わった気がする。 やはり、立春ですか? それが、あなた達をそうさせると? 確かに。 日差しが陽気になってきたのも、感じられます。 昼間、陽が差し込んで、暖かくポカポカしていると、 あれ?春だっけ? と、思ったりします。 🍑 春立ちぬ、今は冬♪

冬空に「映」:オススメCD♪ピアニスト佐野真弓さん「リサイタルvol.2」

イメージ
親愛なる皆様 寒い日が続きますね。 こんな時期に、オススメのCDが、1枚。 来たる、2/18(土)、大阪・豊中の蛍池、ジョイズカフェさんで ピアノ・ソロライブに出演してくださる、 ピアノ・アコーディオン奏者の、佐野真弓さん。 2013年のリサイタル、ライブ録音のCD。 大好きな1枚です。    ジャケットに写り込んでしまっているのは、     これまた、佐野さんのグッズ ・・😁 (撮影:🍑)    詳しくは、→   こちら   わたくしは、音楽大学の出身では、ありません。(突然?笑) それらしい(どれらしい?)、 レビューなどは書けませんが、 心の赴くままに、主観を持って、お届けしたいと思います。   🎹   💿   🎼 1曲目から、好きでございます。  😊 私は、車に乗る時にCDをかけることも多いのですが、 あ〜! 今日は、時間に間に合わない!  と、  いう日は、あまり無いのですが、(笑)、無いように心がけている、、 仮にそういう日があったとしましょう、 そんな時、 急いで準備して車に飛び乗り、そして急発進か、ブぉーン! 🚗💦 という時に、 この佐野さんの1曲目が流れ始めると、 ぴーん、と、チューニングがあったかのように、 心が穏やかに、そして、安堵していきます。 これは、ホントに、不思議です。 安全運転 CD(笑) そして、 選曲もまた、 詳しいことは分かりませんが、 (ピアノ的な意義や、何時代のなんたらかんたら。。。笑) 本当に、素晴らしい。  (と、思う。) これが来て、この次にこれが来るのか、ほうほう、、と、 どんどんと、惹き込まれてゆきます。 楽器が温まってくるかのように、 ピアノの音や音楽が、深められていって、 その世界にいつの間にか、誘い込まれてしまいます。 さらに、 音が、氷のようです。 (冷たい、のではなく) 氷の結晶のように、キラキラとした輪郭で、聴こえてくる。 (私には) 水の形態であったり、形状のようなものが、想像できる。 目の前に、映ってくる、浮かんでくる。 これもまた不思議です。 そして、最大の魅力の一つは、 景色に、風景に、 合う。 溶け込む。 特に、今の冬空の 澄んだ空気の空に 音が、映えてゆきます。 立春を迎えている今、少しづつ空の色が変わって来ていて、 音の映り具合は、変化しています、 どうぞお早めに、、(笑)

桃が横笛を吹く時♪酸欠。2/19(日)Fl&Gt.Duo

イメージ
  親愛なる皆様 フルートの魅力をあなたに♪ 初めてフルートを見た時の記憶。 …    覚えていません。(笑) 私は吹奏楽部でしたから、 おそらく身近な記憶にあたるのは、 中学生の時になることでしょう。 可愛い楽器、キレイな楽器、音もキラキラ♪ そんな具合です。 私はその時すでにギターには出会っていましたから、 自分の基準の楽器は、やはりギターだったように思います。 「吹く」、ということの重みも、よくわかっていませんでした。 そんなフルートを 初めて、何かの体験で、吹かせてもらった時、 私は何を思ったかというと、 何を感じたかというと、 ただただ、 酸欠。 本当に、 ただ、ただ、酸欠。。。(笑) 今から思うと、 摩擦や抵抗が無い   ( 私にはそう感じる、ので ) ふぅーっと吹くと、 音が鳴るとか、そういう前に、 音が出せるとか、そういう前に、 ただ、ただ、息が出てゆく、もれてゆく、 だけ。 息の量、空気の量が、全然、足りなくなるのですね、、 そんな、見た目と、吹いた感じのギャップの大きいフルートですが、(と、思う) 今月、共演させて頂く、フルート奏者の川端 裕美さん♪    川端 裕美 🎶 間近で演奏しているのを拝見すると、( we are 絶賛・リハーサル中♪ ) ほんとに、長い横笛だな、、と、感じます。  約 70cm センチぐらいあるそうですが、(傘より長いね…🌂) そんな長さの物を、横に構えて吹いておられる。 すごいな、、と思います。 金属をいっぱい乗せて。  ( キィと言われるもの ) そのキィをパタパタと指で押さえながら。 そして、 息を吸う動作、しぐさ、音の出だし、発音、タンギング( ( 舌の動き ) は見えないので) 、 謎、 たくさんの謎と不思議、、 深まるばかり、、(笑) 興味津々で、ございます。 そしてそして、 その魅力は、 やっぱり音、音質、空気感、こだま感、etc.. さらに、彼女の魅力としましては、 ( 私が個人的に思うのは ) 、 行間 音の、たゆみ 振動。 キレイで心地よいなぁ。。と、しみじみ思います、感じられます。 そして、 これは、 共演者という者の、特権かもしれませんが 本当に間近で、その音を聴けること、 お客様よりも、間近で聴けること。 これは、どうも、すみません、、(笑)、 いえ、 いろんな場面で、心が細かに、揺さぶら

ぎたりすと・北摂をゆく🎸cafeなかちよ2/19(日)フルート川端さんとデュエットです♪

イメージ
  親愛なる皆様 3年目〜の〇〇ぐらい大目にみろよ〜 * すごい歌詞ですね。。今から思えば。(笑) ( 桃子は、活動を再開して、   あ、 3年目? なの?   2021.12月から。。。) いえ、 歌の持つ、世界観というのは、 そういうことではないのです。 ただ、 受け入れられにくくなってきている、 という、 時代の変化、というのもまた、存在するかとは思います。 (と、わたしは思います。) そういうデュエットでなくてね、(笑) 🎤 🎤 まあ、デュエット、と言えば、 (盛り返す・・笑) 歌謡曲のカラオケで、 必ず! や、 定番! という曲は、 昭和のお父さん達(だけ?笑) の中で、 確固たる、曲の数々が、ありました。 あの時代、大変に盛り上がったと思います。 今だに歌詞を覚えていますし、 私たちも、背伸びして、歌ってたんじゃないかな。。 ( *冒頭の歌詞は、「3年目の浮気」という楽曲(1982年リリース)) さて。  ☕  🍰  🎼  大阪府は茨木市の、素敵な cafeなかちよ さん にて、 再び出演させて頂くことになりました。 今回は、良き友、良き仲間、の フルート奏者・川端裕美さん と  デュオ(二重奏)で、ございます。 なかちよさんの、 たっぷりのケーキセットと共に、 (お腹の具合、少し大きめで来てくださいね、  写真の通り、ケーキのボリュームは、こうご期待♪) こんな感じのケーキセット (デコレーションは変わるかも、しれません。) 川端さんの美しく、優しいフルートの音色と、 私のギターの響き、 なかちよさんの素敵な空間、 美味しいケーキセット、 お楽しみ頂けましたら幸いです。 フルートとギター、 音色的に、仲良しではないかと思います。  取り合わせでも、楽曲でも、 たくさんの曲が、世の中に存在します。 演奏プログラムも、お楽しみに♪ こちらの看板が目印です (わたしの右手の上 👋 ) 大きな道路沿いから、少し奥へ (一本、中へ入ります。隠れ家的なお店) ギタリスト・北摂をゆく。 (ほくせつ、と読みます。) わたし、このあたりに・地域に、 実は、馴染みがあります。 続きは、当日のトークで・・ ◆  2 / 19 (日)    14時00分 開演  (13時30分 開場) フルート&ギター・デュオコンサート < 出 演 > Flute: 川端 裕美 (