投稿

本日も投稿お休み、、♪

イメージ
本日は、ブログ投稿お休みです  ☺    (不定期 ) クラシックギター独奏曲  『アルハンブラの想い出』 (フランシスコ・タレガ作曲) ギター : 中島 桃子  2020年5月 演奏 過去の関連記事 トレモロ・フェイシャル美容 あのカベを作るのはあなた 🍉

本日は投稿お休み・・♪

イメージ
    本日は、ブログ投稿お休みです  ☺   ☀       (不定期) *この動画は、音声と背景のみです。 クラシックギター独奏曲  「ラグリマ(涙)」  ( F.タレガ作曲 ) 演 奏 : 中島 桃子   2021年6月10日

教室の空

イメージ
親愛なる皆様 暑いですね。  いかがお過ごしでしょうか。 七月は、ギター教室のいくつかが、無事に再開しました。 最近の状況では、すぐにまた閉まるんじゃないかと心配にもなります。。 (笑えない笑) 一部の教室からは、こんな空が見えます。 自然が、豊かです。 海側 山側 すっかり、夏の空と、夏の空気です。 ギターの音も、変わってきました。 皆様の日々のご健康と、ご安全をお祈りしています。

本日は、投稿お休み・・♪

イメージ
  本日は、投稿お休みです。 😊 *この動画は、音声と風景写真のみです。   クラシックギター独奏 「主よ人の望みの喜びよ」 J.S.バッハ作曲 (ショートバージョン)  ギター演奏:中島桃子

ソフトボールの始球式

 親愛なる皆様 お元気ですか。 体調など、いかがでしょうか。 毎回、言わなくてもいいけれど、 暑いですね。(笑) 😅 ほんと、それ以外ないわ。。   🎾  ✨  📺 開会式より先に始まった、 ソフトボール試合の始球式を チラリと見ました。   無観客と、非接触対応もあって、 かなり簡素化されているとは思うのですが、 それでも、やっぱり、感動しました。 ✨ 普段から、ほとんどしないスポーツですけれど、 スポーツというものも、 その核心に触れる時、 核心に触れるその時、 というのは、 琴線に響くのだ と、思いました。  😢 会場にいれば、それは、より感じられるのでしょうけれども、 画面越しでも、ピーンと、伝わってきたような気がいたします。 オリンピックの、どの競技よりも先駆けて始まった、 ということで、一瞬、一瞬、 重みが感じられたように思います。 素晴らしいひとときを、共有させていただきました。 関東の友人などからは、 やはり開催都市の、そして、今のこの現状の中での開催に、 大変な苦労と、自分たちの生活、選手への思い、 など、さまざまなことがあると、耳にも入ってきています。 いろんなこともあって、私も考えさせられもします。 ただ、一瞬、一瞬の、琴線が何かを奏でるその瞬間に、 わたしも立ち会う経験ができるならば、それは、幸いです。   💫   🎵 始球式後の試合も、チラチラ見ていると、 対戦相手は、あの、オーストラリアチーム、ではないですか。 😲 ( 以前の関連記事は、 こちら  ) それもまた、何かの縁というものでしょう。。 *一球入魂: 一球一球の球に全力を傾けること。 精神を集中して、一球を投ずること。 *ブログの最後に、格言(または、それらしきもの)や  オススメの音楽などを、記しております。  最後までお読みくださった方へ   感謝を込めて 😊 🏆

ギタリストは爪が命・③完・欠けた爪のその後

イメージ
  親愛なる皆様 お元気ですか。 爪トークの続き、です。 前回の記事は、こちら ↓ 「 ギタリストは爪が命・②欠けた爪を整える 」 前回の、応急処置・爪の形を整えた、状態で、 (右手・くすり指のお話。) 数日おきました。 その形のまま、伸びてくるのを待ちながら、 陥没の傷のところだけ、ちょこちょこ磨きます。 そして、しばらく (1、2日とか)、 触らないでおいておくと、 日常生活をしている上で、 だんだんと、自然になめらかになってゆきます。 こんな感じ、 下記写真 このように、 ガウディの建築物のように、 😊 なめらかになってくると (よこS字カーブのような)、 引っかかりについては、もう大丈夫と言えましょう。 あの陥没も大丈夫ですし、とがった所も、ありません。 引っかかり(角)が、なくなれば、もうあまり心配することは、ありません。 わたしの音色の命、緑の曲線部分(カーブ)も、ちゃんとあります。 (ただ、白カーブのところの、うねりも、 あまり、日常的ではないので、 しばらく、気をつけては、おくべきです。) このままで、爪をのばして、 長さが揃ってきたところで、 また削るか、切るかして、 整えれば、大丈夫です。 緑の部分が、長くなってくるので、 その都度、そこを整えて、(短くして) 白の部分と揃えてゆけば、良いと思います。 やれやれ。 😌 何か参考になりましたでしょうか。 また、どこか欠けたら、書きますね。(笑) ( 爪飛ぶのはイヤやけど〜😅 ) ここまでのお付き合い、ありがとうございました。 お疲れ様でした。       👋 😃 🍵 完

ギタリストは爪が命・②欠けた爪を整える

イメージ
  親愛なる皆様 お元気ですか。 暑いですね。 さて。 爪の補正のお話です。 前回のお話は、こちら ↓ 「   ぎたりすとは爪が命・①爪が欠ける  」 この欠けた爪の、補正をします。 右手(弦をハジくほう)の、薬指(a)の、お話です。 まず、この欠けた時の欠け方にもよるのですが、 折れた後、わたしは、手でめくった、と思います。 😅 (なぜならば、できるだけ長さを残したいので。 爪切りでいくと、その直線上にある部分は全て切れてしまいます。) パッチンと、爪切りで、いかなかったと思います。 ですから、傷のような、陥没の部分が残っていますね、 下記、写真。 白い矢印の先、ここがアウト、もっとも危険な部分。 が、モスト・デンジャラス、です。(笑) そこに、あらゆるものが、引っかかります。 日常生活において、 長いヘア・スタイルの方は、髪の毛、 洗顔時のタオル、 バスタオルはもちろんのこと、衣類、などなど。 引っかかって、さらに爪が割れる可能性も大ですし、 引っかかる物のほうも、ダメージがあります。(ほつれたり) ですから、この部分は、なんとか、陥没を失くしたい。 そこで、わたしは、耐水紙ヤスリ、で、削る。 (いつもこれです。) 普通の爪やすりでも、何でも良いのですが、 それが直線の形状のものだと、なかなかフィットしません、 この時点で、爪が、うねっていますから、 陥没部分まで、届かないのです。 (少しずつ、あてがって、ください。) 削りすぎないように、陥没を消していく。 そして、少し、うねりが無くなってきたのが、 下記の写真 赤線・なるべく平らに、ですが、 ここを平らにしすぎると、 次は、トップがだいぶ、とんがってきます。(緑の曲線ぶぶん) それもできれば、避けたい。 なぜならば、トップが鋭すぎて、 また別の引っ掛かりが、できてきます。 そして、トップが、とがりすぎても、 爪そのものが、もろくなります。(細すぎて) さらに、そのトップとんがりを、無くそうと思うと、 今度は、爪全体が、どんどん短くなります。 わたしは、この、緑の曲線部分で、音色を作っています。 あのカーブが、わたしには、重要です。 長さも必要。 ですから、今回のまとめ、 ・陥没に何かが引っかからない程度に、平らに、  (赤ラインと白カーブ) ・そして、トップは、とがらせ過ぎない。  (緑カーブ) この、Af