今朝、切りましたね。爪。(笑)

 

親愛なる皆様


爪、爪、爪。

あーいあい、

ボン、♪


瓜、瓜、瓜、

(うり、です。笑)



きょうも、つめ、

あすも、つめ。 ♪



さて。



ギター教室でのお話です。




レッスンが始まって、生徒さんが、弾き始める。



少し、いつもと感じが違うようで

ご自身も、今日なんか違うな、と

戸惑っておられる。



ひと通り、音を聞いて、尋ねる私。




「 今朝、きりましたか? 」


「 え? 」


「 爪です 」


「 あ。」





そう、今朝では、ありませんでしたが、

昨日ぐらいのようでした。



ここで、虫眼鏡を取り出し、、コナンくん? 

違います、(笑)


今朝は、雨が降っていた、

あなたの袖は、片側だけ濡れている、

あなたは馬車の右側に乗ってきた、

ホームズか!

いえ、違います。。(笑)


( 注:レッスン中に、一人芝居はありません。。笑。ブログ上のみ)



長さも、もちろんのことですが、

音が、ちょっと違って聞こえます。

( 虫眼鏡、要りません。🔍 🍑)


わたしには、

切ったようなスパッとした切り口の爪で、

そして、それが弦に当たっているように、

そのような音に聞こえます。



それで、生徒さんの方も、

「あ〜」と、納得のご様子。





  🎼   🔔





ベテランになってくると

爪の整え方も、わかってきます。



年数が浅い場合は

レッスン室と、ご自宅と、の、音の観察に(違いに)

一定の日数や、経験、四季も(温度、空気)

必要ですから


時間の問題では、あるのですが

段々と、わかってこられます。




職人的、と言いますか、

アナログ?

人肌?

人工的、でなく、人間的、ですね。




楽器の面白さは

そういうところにも、あるのではないかと思います。




いつか、楽器演奏も

AIに抜かれる時が来るでしょう。



その時に

私たちは、「ひと(人)的(てき)」な音が

いかに、出せるかです。



楽しみですね。


 

 😊  🔊











このブログの人気の投稿

ぎたりすとは爪が命・①爪が欠ける

あなたの涙と

あなたの音楽を