11月の空②・ November sky②・Cielo de noviembre②

 

親愛なる皆様


今は、もう、11月中旬でしょうか。


やっぱり、早いとしか言いようがない、

年内残りふたつき。。



それでも、


早いと思う、思える、日常が良いのか、


遅い、日が経たないな、と思う、日常が、わるいことなのか、



奥深くに思いを馳せますと、


答えが見つかるような、見つからないような。



充実して、月日が経つのが早いことは、おそらく、いいことですね。


忙殺されて、月日が何かもわからないのは、虚しいことかもしれません。


泥のように日々が動かずに、重だるいのも、苦しいことかもしれません。




朝日と思わせるかの、


兵庫県、夕暮れです。













朝日なのか、夕日なのか、

わからないこともあります。



朝日に絶望を見る方もおられるかもしれないし、

夕日に未来を見出せる方もおられるかもしれない。




どちらでも良いかもしれません。



あなたが、苦しくなければ。




絶望だと思った、その朝日は、

未来を見出せた、この夕日と、実は同じです。



その1日の中で変わったのは、あなたの方です。



その変化したかもしれない、あなたの心のように、


この夕日も、とても力強いと、わたしは思います。









このブログの人気の投稿

ぎたりすとは爪が命・①爪が欠ける

あなたの涙と

あなたの音楽を