先生は、占い師。(ちがいます。笑)

 

親愛なる皆様


ギターレッスンでのお話です。



あるキッズのクラスで、

生徒が、こう言う。



「 先生は、占い師 」



ここでの先生は、わたくしですが、

わたしくは、占い師では、ありませんよ〜。(笑)




曲がスムーズに弾けるようになってきて、

じゃあ、通していってみましょか、となります。


生徒が、がんばって、弾いているのを、

ふむふむと、わたしは聞いています。



そして、弾き終えて、

よくやりました、拍手、お疲れ様、

と、🙌


しかし、なんだか本人は、しょげている。



本人は、あかんかったところが、わかっている。



わたしも、あそこはコーデこうで、

と、とやかくは言いませんが、

(本人がすでにわかっているので)


要因を分析して、突き止めたり、

あの時は、こんな気持ちだったのでしょう?


と、問いかけたりします。



生徒によっては、


「 せんせい、なんでわかるの? 」


ということらしいです。



どうして、その時の気持ちが、わかるの?


と。




あの時、ちょっとひるんで、

音がわからなくなって、止まりそうになったのでしょう?


もしくは、

あの時のあの弦の指使いが、

いつもとちがうことになったから、指が困っちゃったのよ、



など、

事細かに言い当てる(かのように)

スラスラ話していると、 💁



「 せんせい、占い師や〜! 」



と、

ものごとが、当たっているように

感じられるようなのです。




ちゃうがなー。 見てたらわかるがなー。



と、


その日のレッスンは、終わります。


 


  🕟




占い師みたい、と捉えるのは

その子の個性ですが

面白いですね。 😌



心情を視覚的に見て取れる訳ではないのですが

時間をかけて見させて頂いている子どもたちは

性格なり、気持ちの持ち方なり、その子の心意気なりが

見えるようになってきます。

推察できるようになってきます。



それは、レッスン時間は短くても

長い期間を、共に過ごしているからではないかな、と思います。




でも、、


実は、、



そーやで〜


この水晶に、心ぜんぶ、映ってんねんで〜 🔮



今度、言ってみようかな。(笑) 😊






このブログの人気の投稿

ぎたりすとは爪が命・①爪が欠ける

あなたの涙と

あなたの音楽を